ページビューの合計

2020年6月13日土曜日

6月12日 旧長谷川治郎兵衛家では、障子(しょうじ)と襖(ふすま)を入れ換えました。
毎年この時期なると、襖や障子を夏仕様にします。
 
風通しが良くなるだけでなく、見た目が涼しげになります。
 
細かい葭簀(よしず)の建具は、見事なできばえです。障子は、細い竹に桟(さん)を通した職人技が随処に見られるものです。
 
 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿